2013年01月18日

正しく適切なダイエット

正しく適切なダイエットを実践するためには、まず自分の体のことをよく知ることが大切だと言えるでしょう。必要もないのに、焦って摂取カロリーをさらに減らしたりしないように、リバウンドについての正しい知識を持つことが大切でしょう。

食事を済ませた後には、普通はインシュリン値が上昇することになります。内蔵脂肪型の肥満は生活習慣病の原因となることもあり、注意が必要です。

また体脂肪率は、脂肪が体重に占める割合をあらわすため、たとえ体重が軽くて外見上は細く見える人でも体脂肪率が高い場合があり、そういったケースはダイエットで改善する必要があると言えます。ダイエット前に気にしておきたい数値には、「体脂肪率」や「BMI」などがあります。

少ない量の食事を数回に小分けにして食べるというダイエット法もあります。「大食い」や「一気食い」などにより体内に急激に糖分がとりこまれると、体が血糖値を下げようとして、インシュリンが大量に分泌されます。

リバウンドは、ダイエット中、体重があまり減らなくなった時期に起こりやすいものですが、実際にはリバウンドはしていないのに、リバウンドしたと思い込んでしまうようなこともあるので、気をつけたいものです。リバウンドすると、ダイエット開始前より体重が増えてしまうケースも多く、ダイエットすることが嫌になってしまう場合もあるようです。

例えば、1日の決まった時間に、決まった種類の食品を食べるというダイエット法があります。速やかにエネルギーに変換される炭水化物を多く含む食品は、激しい運動をする時や、体がたくさんのエネルギーを必要としている朝などに摂取するのが効果的であると考えられています。

少ない量の食事を数回に小分けにして食べるということは、インシュリン値の急上昇を防いで体脂肪の蓄積を防止し、食欲を抑制するダイエット効果も併せ持つということになります。BMIは、「BodyMassIndex」の略で、日本語では「肥満度」、「体格指数」などというような呼びかたをされることがあります。

体内でインシュリン値が高くなった場合には、体脂肪の蓄積が促進されて、食欲も増加してしまうのです。リバウンドとは、ダイエット効果で減少した体重が、ダイエット前か、あるいはそれ以上に増加してしまう状態のことです。

ダイエット中の体というのは、体重や体脂肪率などが変動しやすい状態になっているため、リバウンドではない体重増加もリバウンドだと勘違いしてしまうことがあるようです。ダイエットにはほかにも「食べ方」を工夫するというやり方もあります。

ダイエットといえばまず、摂取カロリーを減らすことが思い浮かぶ人も多いことでしょう。体重を減らすという目的は一時的に達したものの、すぐに元に戻ってしまい、最終的にはダイエットに失敗してしまう・・というのが、リバウンドなのです。

体脂肪率というのは、その人の体重に対する脂肪の占める割合のことです。ダイエットを始める前には、自分の体のさまざまなデータを計測し、それに基づいたダイエット計画を立ててみてはいかがでしょう。

ダイエット中、リバウンドの問題で悩む人はとても多いものですが、「リバウンド」という言葉が正しく理解されていない場合もあるようなので、注意する必要があります。また、夜には体に必要なエネルギー量が最も低くなるため、夕食では炭水化物の摂取を控えるというのも、ダイエットに役立ちます。

このBMIは、身長と体重のバランスからその人の肥満度を計算する方法で、ダイエットをする場合のひとつの基準とされています。BMIは、「体重(キロ)÷身長(メートル)÷身長(メートル)」の式から計算されるもので、国際的にも広く使われている確かな基準のひとつです。

置き楽美人
posted by nona at 00:15| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。